父に外ヨガための「ヨガ台」を試しに作ってもらいました。

ベッドみたい笑

一人一台、マットを敷いて。

室内にヨガをするための十分な空間がまだない、というものもちろんありますが、

この、外の緑の中で、風を感じながら自然と一体となっていく感覚がとっても気持ちよくて、外でもヨガが出来るように準備。

しかし、雨や強風など天候に左右される部分があるので、室内でもレッスンが出来るように、調整中です。

ところで、ヨガに求めるものって、

運動不足解消だったり、ダイエット、健康のため、筋力強化、柔軟性を高めたい、なんとなく気になるから、などなど・・・きっと人それぞれ。

ヨガって、今あげたようなことも、すべて手助けしてくれる素晴らしいものだと思いますが、もともとの目的は「こころとからだ、たましいをむすぶもの」。

自分自身と向き合い、そして自分自身を知ること。

他の誰でもない、自分を感じ、受けとめ、受け入れるもの。

私も、日々の自分の練習でも、これからしていくレッスンでも、こういったことを一番大切にしていきたいと考えていて、少人数でなるべくシンプルなアーサナでプログラムを組んでいきたいな、と思っています。

始めるにあたって、身体が固いことを気になさる方も少なからずいらっしゃったりするのですが、全く問題ないです。

お手本通りに出来ることは、実はたいして重要ではなくて、むしろ、固かったり、思うようにポーズがとれない時の方が、自分の状態が見つめやすかったり、発見が多いようにも思います。

学校教育の影響もあるのか、私も始めたころは、「みんなと同じように出来ないと」とか、「先生におかしく思われたらどうしよう」なんて思ったりして、周りを気にして比べたり、合わせようとしていた部分がありました。

でも続けるうちに、ヨガってそういうものとは全然違う世界観のもので、「良い」「悪い」のジャッジがなくて(たとえば・・・身体が柔らかい=良い/固い=悪い、出来る=良い/出来ない=悪い、などといったこともただの思い込み。)、一人ひとりみんなそれぞれ違う、唯一無二の自分と向き合うもの、というのがだんだん分かるようになり、今まで自分の中で固くなっていた部分が解放されていくようでした。

ご縁のある方とヨガがこれからヨガが出来るのがとっても楽しみです♡

みんな丸くなって、楽しくて気持ちの良い時間を共有できたらな、と思います。

<6月>体験ミニヨガレッスン開催中です